生命・環境系のドキュメンタリー 番組予報HPに、ようこそ♪

  今週のトピックス(↓私のオススメ↓)は 


 <中部地方だけですが:原発避難計画>

9月15日(金)夜7:30〜7:55(25分)NHK総合
再放送は17日(日)朝っぱら8:00〜の予定。
ナビゲーター「検証 原発避難計画〜“再稼働時代”の陰で」
 福井・大飯原発の地元では、住民から、避難ルートが土砂災害の
危険が高い上に、渋滞や要支援者への対策が不十分だという声が出
ているという。再稼働が各地で進む今後、現状の制度で安全な避難
は可能なのか? 大飯原発を例に検証する。

→ 避難って、本当に可能なのですかね??!
大雨の時の避難でも、間に合わないこと多いですしね…



Web版は原則 水曜日更新
スポーツ中継などで延長の可能性がある場合は、原因種目名を←の後に表記しています。
なお、放映予定はあくまで予定なので、突然に変わることがあります。
地震や台風や事件が起きると、10分〜30分は軽くズレます。
実際に番組が始まるまで、油断できませぬ。どうぞ、御用心くださいませ。

ようこそ、いらっしゃいました。「生命・環境系の週間テレビ予報」Web版では、その週に放映される生命・環境系のオススメ番組「これは見て…!」というのをひとつふたつ厳選して紹介させていただいてま〜す。

メールマガジンのご案内

☆★☆「とりあえず、試読希望」
という題名のメールをくださいませ♪
お申し込み日の翌月の末日まで、無料お試し期間
9月中にメールいただければ、10月末まで無料★☆
(ついでに、このHPを見つけたきっかけを簡単に物語ってくださると〜!)

(試読期間が終わりましたら、配信は自動的に止まりますので、ご心配なく)

(院生・学生さんは、表題を「学割希望」として、本文中で学校名・学年・学籍番号をお名乗りくださいませ)
なお、メールアドレスは正確にお願いします。そのまま返信しても戻ってくるようでは、ど〜しよ〜もありません。


「新聞を買ってないけど」☆「録画したい」☆「見逃したくない」…
生命・環境系のドキュメンタリーのチェックを、お手伝い!

なお、番組関係者の皆様、自信作の放映予定が決まりましたら御一報を、どうぞ!

先週は「9月第3週のテレビ」(9月13日号)と新着情報0通を配信しました。
現在、「9月第4週のテレビ」(9月20日号)発行に向けて充電中。
新着情報(NHKスペシャルの再放送や「クローズアップ現代」など)は発見し次第、配信します。


お買い物は検索から!


ご先祖様ビックリ!
ジョッキ型のローソク♪

 
一滴の水も砂糖も加えていない
青森100%ストレートりんごジュース♪


↓↓ 以下はメルマガで紹介された番組の一覧です ↓↓
再放送をリクエストしたい番組の書き込みは →  「よい番組はまた見たいねコール」(←休止中)


<再放送:“日本海”からの警告@深海の酸素濃度減少の意味>
9月9日(土)お昼0:30〜1:00(30分)Eテレ
サイエンスZERO「小さな大洋“日本海”からの警告」(2017.9.3)
 日本海の深層循環のサイクルは、太平洋や大西洋よりも20倍速く、
日本海での変化は、地球全体で起きる現象を早送りで見ているような
ものだと専門家は指摘する。日本海で、深海の酸素濃度が減少してい
るという。未来に何が待ち受けているのか、最新研究から読み解く。

<再放送:観光客を集めるために@フクシマ>
9月9日(土)深夜1:45〜2:30(日曜深夜,45分)NHK総合
明日へ〜つなげよう 未来塾「星野流・観光再生への道」(2017.7.2)
 震災後の福島県に外国人観光客を呼び込もうと取り組んでいる観光の
カリスマ・星野佳路。しかし、…。打開策を求め、4人の若者と激論を
交わす星野さん、集まった有識者との議論は??!

<国道6号線@廃炉作業に向かう道>
9月9日(土)深夜2:30〜3:00(日曜深夜,30分)NHK総合
クローズアップ東北「“復興の大動脈”国道6号を行く」(2017.8.25)
 福島の人々にとって特別な一本の道、6国(ろっこく)で親しまれる
国道6号線。今「復興の大動脈」と呼ばれ、廃炉作業に向かうトラックが
列を連ねる。国道沿いには、稲作の再開を夢見ながら除染廃棄物置き場
として農地を差し出した農家、更地になった宅地を求め企業から問合せが
殺到する不動産屋等の姿がある。住民の苦悩や葛藤、復興政策の矛盾を取材。


<再放送:ダーウィンが来た!生きもの新伝説>
9月10日(日)夜7:30〜8:00(30分)NHK総合
「巨大ヒグマ密集地帯!新米ママの挑戦」(2017.9.3)
 巨大なヒグマが密集する、アラスカのカトマイ国立公園。ここで
初めての子育てに挑む母グマの奮闘に、5か月も密着!

<ダーウィンが来た!生きもの新伝説>
9月10日(日)夜7:30〜8:00(30分)NHK総合
「住まいは東京!戦うアイドル カイツブリ」
 東京・井の頭公園にかわいい姿で人々を魅了するアイドルが暮らす。
水鳥のカイツブリだ。取材班は、子育て中の夫婦に長期密着。激しい
縄張り争いや、ヒナを守るためヘビやカラスと勇敢に戦うファイター
ぶりなど、激しい暮らしぶりに迫る。

<再放送:サンゴを守るために@遺伝子解析>
9月10日(日)夜11:30〜12:00(30分)Eテレ
サイエンスZERO「遺伝子解析でサンゴを救え!」(2017.2.19)
 2017年1月、日本最大のサンゴ礁域「石西礁湖」で91%が白化、
過半数が死んでいるという衝撃の事実が発表された。豪州のグレート
バリアリーフ北部でも、90%が白化しているという。効率のよい
サンゴの養殖方法の開発や、海水温の上昇に耐える遺伝子の発見など、
最新研究を伝える。
→ 再放送は16日(土)お昼0:30〜の予定。


<遺伝子研究@山中伸弥>
9月11日(月)夜10:25〜11:15(50分)NHK総合
プロフェッショナル・仕事の流儀「研究者・山中伸弥」
 夢の「iPS細胞」を作り出した研究者・山中伸弥が挑むのは、
遺伝子。襲い来る予想外の実験結果に立ち向かい、「不治の病を
治す」ために走り続ける、世界最前線の現場にカメラが初潜入!
→ 再放送は14日(木)深夜1:25〜(金曜午前)の予定。


<再放送:首都高建設とノリ養殖の廃業>

9月15日(金)朝っぱら8:00〜9:00(60分)BSプレミアム
新日本風土記「首都高」(2017.9.8)
 東京オリンピックを控えた1962年に開通した首都高速道路は、人々
の営みを大きく変えた。立体交差の曲線美、埋立に伴い廃業したノリ
養殖業者、築地市場の変貌…。首都高を通して東京の変容を描く。

→ 高度経済成長時の東京の姿を見れます♪



<再放送:遺族外来、自宅での看取り@愛する人の死>
9月15日(金)お昼前11:00〜11:45(45分)Eテレ
明日も晴れ!人生レシピ「どう向き合う?愛する人の死」(2017.9.8)
 がんで家族を失った人たちのケアをする「遺族外来」(埼玉医大)
や、夫を自宅で看取った経験を映画にし、その死を活かそうとして
いる人を紹介し、愛する人の死との向き合い方を考える。


これ以前の番組はコチラ(年月別になっています)

******************************☆☆☆
 
山中由紀@有料メールマガジン「生命・環境系の週間テレビ予報」編集長
このメールマガジンは皆様からの購読料で維持されています!
購読料は、パトロン会員1000円/月,一般会員500円/月,学割100円/月
グループ会員さんも誕生していますので、ご相談ください。現金ではなく物納というのもあり♪
*********************************




       
定期購読しておられる会員の皆様の代表的な声は、こんな(↓)感じです。
→の後は私のコメント。


「新聞を読むのが、いつも帰宅後の夜なので、事前に番組をチェックしておけるので、逃さずに面白そうな番組を録画することができています。
いつも番組情報が届くのを楽しみにしております」

→ 見逃して口惜しい思いをすることが少しでもなくなるよう、これからも目配りしていきま〜す♪♪

「番組を見逃さずに見れるようになり感謝しています。興味深い番組は沢山あるのですね。全ては見れないので、番組紹介コメントを参考に絞り込んで録画しています」
→ 限られた資料から番組内容を紹介するのに、いつも苦心していますが、こう言っていただけると励みになります。

「TVをつけっぱなしにするのもイヤだし、新聞は買ってないし、TV雑誌をチェックするヒマもないし、見たいTVだけを見るのは結構難しいものだと思っていたので、メルマガ重宝しております。
続けていくのは大変と思いますが、楽しみにしております」

→ もともとは私が「見たい!」と思った番組のリストです。お役に立てて、うれしいです〜。

「おかげで、いくつもテレビを見ることができました」
→ これで少しは視聴率が上がって、この手の番組の制作予算が増えたり、見やすい時間帯に移ったりしたら良いなぁと思います。

「番組はなかなか見ることができませんが、『こんな番組があるんだ』と、面白く読んでいます」
→ 見逃し防止だけでなく、読み物として楽しんでいただけるなんて、本望です。ありがとうございます!

   「とりあえず、試読希望」と題したメールをお待ちしてま〜す♪
お申し込み日の翌月末まで、無料お試し期間
(9月中に「とりあえず、試読希望」のメールを届けていただければ、10月30日まで無料配信)


一度は食べたいバケツプリン!
濃厚な
飲むヨーグルト♪

メルマガの
もう少し詳しい
説明は、
こちらから


番組関係者からの情報提供、歓迎します!

(HP運営人・山中由紀の自己紹介:種は三重県,卵は広島,生まれ育ちは北河内。
高校だけ京都、他は大阪。家電占いは携帯電話,動物占いはサル,血液はO型)



<創業以来の歩み>

2016.5.4.ホームページのアドレス移転(niftyの都合)。
2011.7.22.ホームページのアドレス移転(私の都合)。
2010.9.30.アクセス数が180000件に到達。ありがとうございま〜す!
2008.11.12.アクセス数が170000件に到達。ありがとうございま〜す!
2007.9.25.アクセス数が150000件に到達。ありがとうございま〜す!
2005.10.5.アクセス数が100000件に到達。感無量、ありがとうございます!
2005.5.25.「大人のお仕事」開設♪(2008年1月末終了)
2005.1.14.アクセス数が80000件に到達。ご愛顧、ありがとうございます!

2003.12.1.すぐにお湯が沸かせるフランス製やかんを購入。しかも空焚きの心配なし。
私のお気に入り〜「T-FAL 電気ケトル」。最近、「ステンレス製」がでました♪


2003.7.1.アナログマガジン「まぐま10号 特集・環境問題の光と闇」発行(特集の編集長を務めました)

2003.2.5.「NHKスペシャルの再放送の『日程』は??」開設
2002.12.25.ありがとうございます! アクセス数が40000件に到達
2002.10.7.大阪のとあ〜る元気な私立大学で非常勤講師を始めました。
以後、月曜日だけ環境問題のセンセ(責任重大…)
2002.6.3.環境gooに新設される「TVチェック」を担当することになりました(2005年3月末終了)
2002.4.18.「農村報知新聞」(月刊紙)と提携。アグリな番組情報の提供を開始(2006年3月末終了)
2002.3.7.児と出産に役立つテレビの紹介ページを開設(2006年4月末終了)
2002.1.7.毎日新聞大阪本社版の「あっとおおさか」(21面)に登場
2001.12.23.アクセス数が20000件に到達
2001.12.20.『新・水俣まんだら〜水俣病関西訴訟の患者たち』を出版。専用HPをこしらえました。

2001.12.13.環境goo大賞2001の個人部門で大賞を、おかげさまで受賞しました。
ご声援、ありがとうございます!!


2001.9.13.Amazonアソシエイトに参加。いま、ネットの本屋さんで読まれている本は?
2001.6.28.アクセス数が10000件に到達
2001.4.23.『月刊アサヒグラフperson』5月号の情報ページ「person's cafe」ウェブ欄に登場
2001.4.12.Yahoo Japan「今日のオススメ」に登場。すると24時間で1300アクセスありました。
2001.3.27.Yahoo Japanからディレクトリ登録の連絡(「自然科学と技術」−「メディアとニュース」)
2001.2.28.環境gooで「今週のおすすめサイト」に登場
2001.2.23.アクセス数が2000件に到達
2001.2.18.「農村報知新聞」(月刊紙)のHP紹介コーナーに登場
2001.2.16.LYCOS JAPANからディレクトリ登録の連絡(「エンタ〜テイメント」−「テレビ番組」−「ドキュメンタリ〜」)
2001.2.2.アクセス数が1000件に到達

2001.1.12.「リンクするネ」との通知を初めて頂く。とってもうれしい♪(生命学の森岡正博さんから)

2001.1.8.アクセス数が100件に到達
2001.1.1.ホームページビルダーで再構成

2000.12.29.@nifty「さくさく君」でHPを作成。以来人目です!



ご挨拶

 20世紀の経済成長を受けて、21世紀は
経済成長の対価としての環境負荷にどう対応した
「まちづくり」をなすかが問われることになります。
さて、自分に出来ることは何だろう、ということで

生命・環境系の社会問題を扱うドキュメンタリー番組の放映予定

を、お知らせするメールマガジンを創刊しました。

探せば、意外に あるものでして
わくわく ドキドキ、宝物探しの気分!!


このWeb版では、その週のオススメ番組「これは見ておいたら…!」
というのを厳選して紹介させていただいてます。


番組探しは、片手間に出来るものではありません。
それなりの価格を払って下さるのなら、私は意気に感じ、メルマガの
発行を喜んで続けます。メルマガの持続可能性を高めるための覚悟価格、

「ネット起業」

皆様の見逃し防止のお役に立ち、私もそこそこ生活できるのなら、
めでたく共存できます。


☆★☆本誌は「見逃しリスク削減装置」です。悔しい思い
繰り返さないために…  「とりあえず、試読!」
★☆★