生命・環境系のドキュメンタリー番組
(2017年8月放映)


有料メールマガジン「生命・環境系の週間テレビ予報」で紹介された番組の抜粋です。



<再放送:相模原障害者殺傷事件から1年 その2>
8月1日(火)お昼過ぎ1:05〜1:35(30分)Eテレ
ハートネットTV シリーズ相模原障害者殺傷事件から1年「2.重い知的障害の人の暮らしのあり方」(2017.7.25)
 本人や家族の意思を尊重しながら、より良い暮らしの場を模索している障害者施設やNPOの取り組みを取材。


<再放送:相模原障害者殺傷事件から1年 その3>
8月2日(水)お昼過ぎ1:05〜1:35(30分)Eテレ
ハートネットTV シリーズ相模原障害者殺傷事件から1年「みなさんのカキコミから」(2017.7.26)
 「障害者は不幸」など障害者を否定する声にどう向き合うのか。タブーなしで「障害者の今」に生放送で迫る。


<遺伝子異常による「色素性乾皮症」>
8月5日(土)お昼前10:00〜10:52(52分)BS−TBS
サタデードキュメント+「おひさま家族〜色素性乾皮症を抱えて」
 遺伝子異常により、紫外線を浴びると水泡ができ、皮膚がんになる
病気「色素性乾皮症」。国内での患者数は、推定500人。患者のほとんどは
30歳になる頃には死に至る難病だ。患者と家族に密着! 制作:静岡放送

<点検技術の最前線@インフラ>
8月5日(土)お昼0:30〜1:00(30分)Eテレ
サイエンスZERO「リスクをあぶり出せ!インフラ点検最前線」(2017.7.30)
 日本の橋の43%、トンネルの34%が、6年後には築50年を超える。
そこで急務になるのが、インフラ点検技術の開発。橋の内部の鉄筋を
透視する装置など、インフラ点検の最前線に迫る。
 

<ダーウィンが来た!生きもの新伝説>
8月6日(日)夜7:30〜8:00(30分)NHK総合
「ミーアキャット 母と娘のオキテ」
 アフリカ、カラハリ砂漠で、15匹ほどの群れで暮らすミーアキャット。
出産できるのは母親だけで、娘たちは大人になっても母の子育てを
手伝い続ける。恐ろしいコブラとも、命がけで戦う。母と娘の不思議な絆に迫る。

<原爆被爆者動態調査とビッグデータ解析@ヒロシマ>
8月6日(日)夜9:00〜9:50(50分)NHK総合
NHKスペシャル「原爆死 ビッグデータで迫る72年目の真実」
 昭和20年8月6日から今日に至るまで、広島市が蓄積してきた約56万人
の被爆者たちの記録「原爆被爆者動態調査」の元データを市から入手、
最新のビッグデータ解析技術を駆使し、時系列に並べて地図に落とし
込んだ。人々は、どのようにして亡くなっていったのか。
→ 8日(火)深夜0:10〜(水曜午前)に再放送。


<ミドリムシの可能性>

8月6日(日)夜11:30〜12:00(30分)Eテレ
再放送は12日(土)お昼0:30〜の予定。
サイエンスZERO「地球を救う!?神秘の生物 ミドリムシ」
 「緑の宝石」と呼ばれる生物“ミドリムシ”。実は今、食糧問題や
エネルギー問題を解決する救世主として注目されているという。その
可能性に迫る。

→ 緑の宝石の可能性とは?!



<帰還した人々は、今?@フクシマ>
8月9日(水)夜10:00〜10:50(50分)NHK総合
NHKスペシャル シリーズ東日本大震災
「帰還した町で〜原発事故7年目の闘い」
 当初の予定は「沖縄と核“基地集中”知られざる起源」。帰還対象者
が最も多い浪江町。帰還した住民たちが直面したのは、町に住みついた
野生動物だった。また、国による除染は屋外に限られ、室内は住民自ら
の責任に任されているという。帰還して苦闘する人々の4か月を追った。
→ 再放送予定は未定。ないかも(汗)。


<被爆直後の映像、女学生たち@ヒロシマ>
8月10日(木)夜7:00〜8:54(114分)BS朝日
BS朝日ザ・ドキュメンタリー「広島原爆で隠された真実〜米軍が極秘調査した女学生たち」
 原爆で315人が亡くなった安田高等女学校に、戦後まもなく米軍の
調査団が来ていた。長らく機密指定だった極秘報告書を番組が取材!
なお、調査団が撮影した被爆直後の広島を、カラー映像で公開する。













 「今までに放映された生命・環境系のドキュメンタリー番組トップページ」に戻る
 「生命・環境系の週間テレビ予報」に飛ぶ!